本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 理工学部・大学院理工学府
国立大学法人群馬大学 理工学部・大学院理工学府
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここから本文です

お知らせ

投稿カテゴリー 電子情報理工学科

電子情報理工学科及び電子情報・数理教育プログラム/領域の学生が、第11回電気学会栃木・群馬支所合同研究発表会において優秀論文発表賞を受賞しました(令和3年3月2日(火)受賞)
 令和3年3月1~2日に、第11回電気学会東京支部栃木・群馬支所合同研究発表会が開催されました。今年度はコロナ禍の影響からオンラインでの開催となりました。参加者は大学・高専などから2日間で104名、57件の論文発表が実施 …
【プレスリリース】飛び回るドローンにプロジェクションマッピング~210度の広範囲に投影できるプロジェクション技術を開発~
 電子情報部門 奥寛雅教授らの研究グループは、「ドローンのように広範囲を移動する対象に映像を投影し続ける技術」を開発しました。開発した技術は、プロジェクターが映像を投影する方向を機材の周囲210度の範囲にわたり高速に変更 …
知能機械創製部門の中沢教授と、電子情報部門の太田教授が、ボッチャ競技のプレイ支援システム(脊髄性筋萎縮症(SMA)の方向け)を開発しました
 知能機械創製部門の中沢信明教授と電子情報部門の太田教授が、脊髄性筋萎縮症(SMA)の方のために群馬県ボッチャ協会と共同でプレイ支援システムを開発しました。遠隔地から太田キャンパスに設置された装置を操作して、2月22日に …
電子情報部門・高橋俊樹准教授による「花粉飛散」に関する解説が、Panasonicホームページ内「トピックス」に掲載されました。
Panasonicホームページ内「トピックス」に、電子情報部門 高橋俊樹准教授の解説が掲載されました。花粉が気になるこの時期の換気対策について、効果的な空気清浄機の活用方法等を解説しています。 Panasonicのホーム …
電子情報部門の古澤伸一准教授の単著書籍「入門 半導体デバイス」が出版されました。
電子情報部門の古澤伸一先生が単独で執筆された「入門 半導体デバイス」(ISBN:4627776519)が、2020年末に出版されました。電子物性論の基礎からデバイス応用にわたるトピックスが、豊富な図も交えて初学者の視点か …
電子情報部門・奥寛雅教授が、JST-ACCEL「高速画像処理を用いた知能システムの応用展開」シンポジウムにて講演を行います。(3/1オンライン)
 2021年3月1日(月)に実施されるJST-ACCEL「高速画像処理を用いた知能システムの応用展開」シンポジウムにおいて、電子情報部門・奥寛雅教授が講演を行います。  本シンポジウムはJST-ACCEL(世界をリードす …
【卒業生の活躍】大学院工学研究科電気電子専攻修了生の高虹さんが、富士通研究所のHPで紹介されています。
 大学院工学研究科電気電子専攻(小林春夫研究室)の2011年度修了生である高虹(Gao Hong)さんが、現在の勤務先である富士通研究所のHP「技術者インタビュー」に掲載されています。  人工知能(AI)処理を最大10倍 …
日本光学会年次学術講演(Optics & Photonics Japan 2020)において、電子情報・数理教育プログラム2年の鈴木康平さんが、第6回OPJ優秀講演賞を受賞しました。
 2020年11月14日~17日にオンラインで開催された日本光学会年次学術講演(Optics & Photonics Japan 2020)において、電子情報・数理教育プログラム博士前期課程2年の鈴木康平さんが「 …
電子情報部門 奥寛雅教授の研究が、NHK WORLD JAPANの番組「Science View」で紹介されます。(12/16(水) 再放送)
 電子情報部門の奥寛雅准教授の研究が、12月16日(水)に放送されるScience View(NHK WORLD JAPAN)で紹介されます。ぜひご覧ください! (昨年12/18に放送した内容の再放送です。) ⇒Scie …
電子情報部門 曾根逸人教授・張慧助教の研究グループによる超高感度シリコンナノワイヤ(SiNW)バイオセンサに関する論文がACS Applied Materials & Interfaces誌に掲載されました!
 電子情報部門曾根逸人教授・張慧助教の研究グループはナノ微細加工技術を用いて、疾病の早期段階でアレルギー物質、ウイルス、がんマーカ等の極微量な生体分子を簡便かつ迅速に判定できる超高感度シリコンナノワイヤ(SiNW)バイオ …
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です