本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 理工学部・大学院理工学府
国立大学法人群馬大学 理工学部・大学院理工学府
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここから本文です

お知らせ

投稿カテゴリー 企業の方へお知らせ

環境創生部門の斎藤隆泰准教授と、情報学部の加藤毅教授が令和2年度非破壊検査協会学術奨励賞を受賞しました
 環境創生部門の斎藤隆泰准教授と情報学部の加藤毅教授の共同研究の成果が令和2年度一般社団法人非破壊検査協会学術奨励賞を受賞しました。  斎藤准教授と加藤教授は「セコム科学技術振興財団一般研究助成」等の支援の下、レーザーを …
ブリティッシュ・カウンシルの「気候変動に貢献するための国際共同研究」プロジェクト(日英ASEAN連携プロジェクト)に採択されました
 マルチスケール組織・界面制御学研究室(荘司郁夫教授・小林竜也助教)が参加する研究プロジェクトがブリティッシュ・カウンシルの「COP26トライラテラル研究イニシアティブ」に採択されました。本プロジェクトは、ブリティッシュ …
令和3年度 群馬大学理工学部企業懇談会の開催につきまして(9/6~9/30:WEB開催)
令和3年度 群馬大学理工学部企業懇談会は、新型コロナウイルス感染症の流行状況を鑑み、以下のとおりWEBにて開催いたします。 —————- 9月6日(月)~9月3 …
分子科学部門の海野グループを含む豪・仏の共同研究チームによるフッ素イオンを内包したかご型シルセスキオキサンの論文が発表になり、表紙としても採択されました
ケイ素を8個含むかご型シルセスキオキサンは、最近ではPOSSと呼ばれ多数の研究成果が報告されています。なかでも、X線結晶構造解析の結果からは非常に狭い空孔しか有しないにも関わらず、フッ素イオンを内包した化合物が安定に存在 …
「予告」 令和3年度 群馬大学理工学部企業懇談会の開催について
令和3年度群馬大学理工学部企業懇談会は、今年度も新型コロナウイルス感染症の流行状況に鑑み、webによる開催といたします。 開催期間は9月6日(月)~9月30日(木)を予定しており、6日(月)10時頃より企業懇談会HPを公 …
【プレスリリース】 量子操作で蛍光検出効率100倍に成功~ウイルス感染症の早期・迅速診断への応用に期待~
 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(理事長 平野俊夫)量子生命・医学部門量子生命科学研究所次世代量子センサーグループの五十嵐龍治グループリーダー、桺瑶美博士研究員、神長輝一研究員らは、群馬大学(学長 石崎泰樹)の …
電子情報部門 鈴木宏輔助教の研究が、サイエンス・ジャパン(Science Japan)で紹介されました
 電子情報部門 鈴木宏輔助教が2021年4月20日にプレス発表を行った「充電中の円筒型リチウムイオン実電池内で電極反応の自己組織化パターンを観測」について、サイエンス・ジャパン(Science Japan)で紹介されまし …
知能機械創製部門のマイクロナノ工学研究室(鈴木孝明教授)が、第1回「ぐんまテックプラングランプリ」において、最優秀賞と企業賞をダブル受賞しました
 2021年7月10日に群馬会館で開催された第1回ぐんまテックプラングランプリにおいて、知能機械創製部門・マイクロナノ工学研究室(鈴木孝明教授)が組織したチーム「syncMEMS LAB(シンクメムスラボ)」が、最優秀賞 …
環境創生部門の清水義彦教授が、「第25回水シンポジウム2021inぐんま」にて講演を行います(8/26(木))
 2021年8月26日(木)に実施される「第25回水シンポジウム2021inぐんま」において、環境創生部門の清水義彦教授が特別講演を行います。興味のある方は、ぜひ詳細をご覧ください。 ◆◆◆◆◆◆◆ ●日時  2021年 …
電子情報部門の弓仲康史准教授が、IEEE Computer Society Technical Committee on Multiple-Valued Logicの委員長に選出されました
 電子情報部門の弓仲康史准教授が、電気工学・電子工学分野の学会で世界で最も権威のある米国IEEE(アイ・トリプル・イー)のComputer Society Technical Committee on Multiple- …
1 / 12ページ
ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です