群馬大学理工学部

物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程1年の髙澤彩香さんが、プラスチック成形加工学会第28回秋季大会においてベストポスター賞を受賞しました。

 2020年12月1日~2日にオンラインで開催されたプラスチック成形加工学会第28回秋季大会において、分子科学部門・高分子構造物性研究室(上原・撹上研究室)の髙澤彩香さんがベストポスター賞を受賞しました。本賞はポスターセッションにおいて優れた発表を行った満35歳以下の者に贈られるものです。
 髙澤さんの発表題目は「超高分子量ポリエチレンの溶融延伸性に与えるバイモーダルな分子量分布の影響」です。

 高分子構造物性研究室では、超高分子量ポリエチレン(UHMW-PE)などのエンジニアリングプラスチックについて、延伸技術を活かした高強度フィルム・繊維の作製に取り組んでいます。
 髙澤さんの研究は東ソー株式会社との共同研究によるものであり、UHMW-PE重合パウダーの分子量分布特性がフィルム溶融延伸過程の構造形成および溶融延伸性に与える影響を、パルス核磁気共鳴(NMR)測定およびin-situ(その場)広角X線回折(WAXD)・小角X線散乱(SAXS)測定により考察しました。本発表の成果は、重合技術と延伸技術の融合によりUHMW-PE溶融延伸の新たな可能性を拓くものとなります。

 今回受賞対象となった研究は、「Sメンブレン」プロジェクトの一環として行われたものです。
 群馬大学研究・産学連携推進機構では、今後の本学における学術研究を推進するため、本学の強み・特色として高い可能性を有するプロジェクトを「重点支援プロジェクト(G3)」に指定しており、その一つとして、超高性能・高機能な膜材料を創製する「スーパー・メンブレン」プロジェクト(略称:「Sメンブレン」プロジェクト)を推進しています(代表:山延健教授)。本プロジェクトの成果は高く評価され、研究拠点の形成を目指した「推進研究(G2)」に昇格することとなりました。今後数年間に渡って大学本部の支援を受け、高分子材料に関する産学官の研究連携を推進して参ります。

「Sメンブレン」プロジェクト
https://www.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/~smpgu/