群馬大学理工学部

環境創生理工学教育プログラム博士前期課程2年の田代匡彦君が、第23回応用力学シンポジウムにおいてポスター賞を受賞しました。

 第23回応用力学シンポジウムにおいて、環境創生部門構造研究室(斎藤研究室)所属の田代匡彦君がポスター賞を受賞しました。
 田代君の発表タイトルは「トポロジー感度を欠陥検出指標に用いた二次元動弾性時間反転解析とリニアアレイ探傷法への応用」であり、二次元等方弾性体中の欠陥に対し、超音波リニアアレイ探傷を想定した動弾性時間反転解析を行い、欠陥検出指標にトポロジー感度を用いることで、欠陥位置の推定を行ったものです。

 これまで、本研究グループでは、トポロジー感度を用いて、時間反転波の収束位置を決定することを行ってきましたが、いずれの成果もスカラー波動問題を対象としています。超音波は固体中で弾性波の性質を示すため、縦波や横波を考慮した弾性波動問題としての定式化が超音波非破壊評価法には必要不可欠です。
 そこで、田代君は指導教官の斎藤隆泰准教授の指導の下、スカラー波動問題を二次元弾性波動問題へと拡張し、先進超音波計測であるリニアアレイ探傷法を想定し、時間反転解析の収束位置にトポロジー感度を用いることで、欠陥位置を特定し、実務的応用へ繋がるかについて検討しました。

 今後は、得られたトポロジー感度から、最適化を行い、欠陥の形状について検討することや、先進材料である炭素繊維強化プラスチック(CFRP)等の異方性材料に対しての適用も行う予定です。