群馬大学理工学部

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「ムーンショット型研究開発事業」の研究開発プロジェクトに採択されました。

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「ムーンショット型研究開発事業」において、ムーンショット目標4「2050年までに、地球環境再生に向けた持続可能な資源循環を実現」の達成を目指す研究開発プロジェクトを、13件採択しました。
 このうち、「生分解のタイミングやスピードをコントロールする海洋生分解性プラスチックの開発」研究開発領域において、群馬大学、東京大学、東京工業大学、理化学研究所、海洋研究開発機構チームが実施予定先の一つに選定されました。
———–
研究開発プロジェクト名:生分解開始スイッチ機能を有する海洋分解性プラスチックの研究開発
プロジェクトマネージャー:群馬大学 粕谷健一(大学院理工学府教授、食健康科学教育研究センター長、学長特別補佐)
———–

採択された研究開発プロジェクト等の一覧(PDF)
(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構webサイト内)

「ムーンショット型研究開発事業」目標4の内容詳細
(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構webサイト内)

ムーンショット型研究開発の概要(PDF)
(内閣府webサイト内)