群馬大学理工学部

2021年4月、群馬大学理工学部が生まれ変わります。現在の5学科から2類体制へ!(改組予定・設置申請中)

 群馬大学理工学部は、これまで、化学、生物、材料、機械、電気電子、情報、土木など伝統的な工学分野に「理学」の基盤を強化し分野融合による学修体制をとってきましたが、より幅広い学修体制として「物質・環境」と「電子・機械」の2類体制に生まれ変わります。
 理工学の知識を基にした食品工学、化学と物理の融合した材料科学、電気と機械の融合した知能制御を学べるプログラムを新設し、SDGsに対応する持続可能な社会や、高度情報社会の基盤となるモノづくりを担う人材を育成します。

◆詳細、パンフレット、入試情報等についてはこちらをご覧ください。
 ⇒http://www.st.gunma-u.ac.jp/kaiso/
※設置申請中のため、掲載内容は変更する場合があります。