群馬大学理工学部

群馬産業技術センターとの理工学府大学院連携講座を発足しました。

 現在社会的要請から、IoTに関する教育研究が大学に求められています。本学におけるIoT教育研究実現のため、IoTの実務的な教育研究を担うことができる人材が必要です。
 群馬産業技術センターでは既に群馬県内の企業向けに実践的なIoTに関する教育研究活動を行っており、その活動はNHKでも紹介されています。これまでに同センターの鏑木哲志独立研究員(現 本学客員教授)との間でIoTに関する研究情報交換を行ってきており、同センターが本学のIoT教育研究展開に資する組織であると判断し、このたび同センターとの教育研究への協力協定を締結し理工学府大学院連携講座を発足しました。
 今後、群馬県内IoT研究開発の中核組織となるIoTセンター設立に向けて活動を一層充実させていく予定です。

写真は企業でIoT研究活動中の鏑木哲志客員教授