教育ポリシー 理工学府(博士前期課程)

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー) ~このような人を求めています~

  1. 学部レベルの理工学に関する基礎知識を身に付け,語学を含む基礎的なコミュニケーション能力を有する人
  2. 自らの能力向上を目指し,知識基盤社会において指導的役割を担おうとする強い意志と倫理観を有する人
  3. 新たな科学技術の開拓に,失敗を恐れずに挑戦する勇気と情熱を有する人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) ~このような教育を行います~

 知識基盤社会の更なる進展を担い,新たな社会の創造・成長に向けてグローバルに活躍できる人材を育成するため,理学と工学の分野融合による教育研究活動を基盤に,次のような教育を行います。

  1. 従来の学問分野の枠を超えて俯瞰的に問題を把握し,知識を総合化して課題を解決できる能力を養う高度な理工学教育
  2. 各教員の特長を活かした先端的研究の実践を通じて,自ら新たな課題を発見し挑戦する創造性と実践力を養う教育
  3. これからの研究者・技術者に求められる技術マネジメントなどに関する基礎的素養と高い倫理観を養う教育
  4. 先端研究者・高度専門技術者としてグローバルに活躍するための国際コミュニケーション能力を養う教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) ~このような人材を育てます~

 修了要件を満たした次のような者に修士の学位を授与します。

  1. 学部における研究教育を通して得られた理工学に関する知識・技術・研究基礎能力を更に高め,俯瞰的視点から問題点を把握し,専門知識を総合化して課題を解決する能力を持つ者
  2. 高度な専門知識・技術を持ち,人と自然との調和のとれた未来社会創造に貢献できる者
  3. 責任感,倫理観,信頼感に富み,先端研究を通して広く社会に貢献できる者
  4. 自分の考えや判断を的確に説明できる論理性とコミュニケーション能力を持ち,広く社会で活躍できる者

【参考】◇ 選抜方法 ~このような選抜を行います~

  1. 一般入試:学力検査、面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。
  2. 推薦入試:面接、口頭試問の結果、並びに学部における成績等を総合的に判断して選抜します。
  3. 社会人入試:面接、口頭試問の結果、並びに実務経験等を総合的に判断して選抜します。
  4. 留学生入試:学力検査、面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。なお、外国に居住している受験生に関しては、成績証明書、推薦書等の書類審査、並びにインターネットを利用したインタビュー等の結果により判定する場合があります。

各プログラムの教育ポリシー

教育ポリシー 理工学府(博士後期課程)

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー) ~このような人を求めています~

  1. 博士前期レベルの理工学に関する基礎知識を身に付け,語学を含む基礎的なコミュニケーション能力を有する人
  2. 自らの能力向上を目指し,知識基盤社会において指導的役割を担おうとする強い意志と倫理観を有する人
  3. 新たな科学技術の開拓に,失敗を恐れずに挑戦する勇気と情熱を有する人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) ~このような教育を行います~

 知識基盤社会の更なる進展を担い,新たな社会の創造・成長に向けてグローバルに活躍できる人材を育成するため,理学と工学の分野融合による教育研究活動を基盤に,次のような教育を行います。

  1. 従来の学問分野の枠を超えて俯瞰的に問題を把握し,知識を総合化して課題を解決できる能力を養う高度な理工学教育
  2. 各教員の特長を活かした先端的研究の実践を通じて,自ら新たな課題を発見し挑戦する創造性と実践力を養う教育
  3. これからの研究者・技術者に求められる技術マネジメントなどに関する基礎的素養と高い倫理観を養う教育
  4. 先端研究者・高度専門技術者としてグローバルに活躍するための国際コミュニケーション能力を養う教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) ~このような人材を育てます~

 修了要件を満たした次のような者に博士の学位を授与します。

  1. 学部及び大学院前期課程における研究教育を通して得られた理工学に関する知識・技術・研究基礎能力を更に高め,俯瞰的視点から問題点を把握し,専門知識を総合化して課題を解決する能力を持つ者
  2. 高度な専門知識・技術を持ち,人と自然との調和のとれた未来社会創造に貢献できる者
  3. 責任感,倫理観,信頼感に富み,先端研究を通して国際社会,地域社会に貢献できる者
  4. 自分の考えや判断を的確に説明できる論理性と国際コミュニケーション能力を持ち,国際社会で活躍できる者

【参考】◇ 選抜方法 ~このような選抜を行います~

  1. 一般入試:面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。
  2. 社会人入試:面接、口頭試問の結果、並びに実務経験等を総合的に判断して選抜します。
  3. 留学生入試:面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。なお、外国に居住してい る受験生に関しては、成績証明書、推薦書等の書類審査、並びにインターネットを利用したインタビュー等の結果により判定する場合があります。