入試・進路案内

総合理工学科の専門教育プログラムについて

qa_q
総合理工学科はフレックス制で、昼間に学ぶこともできるとのことですが、どのような学びとなるのでしょうか?

qa_a
総合理工学科では、昼間の時間帯に授業を受けることが可能な高校からの入学者にむけて、フレックス制の利点を生かし、専門教育プログラム(理工学部の他の4学科に対応する化学・生物、機械知能、環境創生、電子情報の4つ)を準備しています。この専門教育プログラムを修了すると、対応する学科と同等の専門性を身に付けることができます。他の4学科と異なる点は、総合理工学科では自分の希望する学びの分野に特化した学修を可能としている点などです。
詳細はこちらをご覧ください。

入試案内

学部入試のページへ

学科卒業生の進路について(27年度)

卒業により取得できる資格

卒業により取得できる資格一覧へ
卒業により受験資格が得られるもの

先輩の声

キーワードを書き留めておく

学部2年

奥原 大地

(静岡県立伊東高等学校出身)

coodination_okuhara

学科選択の理由は?

子どもの頃に博物館や科学館に連れて行ってもらう機会が多く、自然と理科が好きになりました。この学科は他学科で開講されている講義も履修できるし、また早い時期から研究室に関わることができるので、研究に関わる時間を多く持てることが魅力のひとつだと思います。

研究テーマは?

まだ研究室に配属になっていないのですが、材料系、特に半導体や触媒の開発に興味があります。燃料電池は白金を触媒として使うのですが、白金の持つ触媒としての機能を炭素で代用した人がいて、貴重な白金の性質をありふれた材料である炭素で再現できることに驚き、自分でもそのような内容の研究が出来たらいいなと思っています。

大学で獲得した勉強の方法論は?

大学の先生は重要なことを口頭で伝えることが多いので、先生が話す内容の中で重要だと思うことはその都度ノートに書き留めるようにしています。キーワードを書き込んでおくだけで、復習をするときにとても役に立ちます。

どんな分野の仕事を考えていますか?

将来は研究開発の仕事に就きたいです。そのためにも大学院へ進んで、しっかり勉強をしたいです。


当たり前のことに疑問を持つこと

学部2年

加藤 那奈美

(神奈川県立柏陽高等学校出身)

coodination_kato

学科選択の理由は?

答えを導くまでの過程が単純なようで複雑な数学が好きだったのと、経済や経営に関する情報システムを学びたいと思いこの学科を選びました。また、この学科は入学後に全学科のガイダンスを聞いてから所属したい学科を選べるので、じっくり考えることが出来ました。

研究テーマは?

まだ具体的には決まっていませんが、経済や経営に関する問題を、統計学などの情報分野とリンクしたシステムについて学びたいと考えています。経営や経済を理系的な視野から見られるようになりたいです。

大学で獲得した勉強の方法論は?

エスノグラフィという手法があって、日常にある当たり前のことを当たり前と思わずに考えることで疑問や発見をすることができます。この手法を勉強にも利用して、様々な角度から物事を考えるようにしていこうと思っています。

どんな分野の仕事を考えていますか?

情報発信をする仕事がしたいです。自分で見たこと感じたこと、また、得た情報を自分なりに発信したいと思います。将来は自分で起業して、理系ならではの視点で発信していく場を作り、そこから更に広げて国際平和に繋がればと思っています。