本文へジャンプ メインメニューへジャンプ
国立大学法人群馬大学 理工学部・大学院理工学府
国立大学法人群馬大学 理工学部・大学院理工学府
ここからメインメニューです
ここでメインメニュー終了です
ここから本文です

お知らせ

物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程2年の長谷川結女さんが、第36回日本セラミックス協会関東支部研究発表会において、奨励賞を受賞しました。

 令和2年9月17日に、コロナ感染症拡大防止のためにオンラインにより開催された第36回日本セラミックス協会関東支部研究発表会において、物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程2年の長谷川結女さんが奨励賞を受賞しました。本賞は、オンラインで行われた口頭発表の中から、発表内容、および発表態度、質疑への応答の的確さに基づき、これからのセラミックス科学の進展に寄与が期待される発表者に対して贈られる賞です。
 長谷川さんは、SDGsの実現に有用な色素増感太陽電池について、湿式に起因する低耐久性を克服するための研究を進めており、「ホール輸送性ポリマーを用いた固体型色素増感太陽電池の高光発電特性化の検討」の発表題目で、色素増感太陽電池の固体化に新たな手法を提示しました。長谷川さんの研究成果は、色素増感太陽電池の実用化に道を拓く技術と期待されます。


ここで本文終了です
ここからフッターです
ページの終了です