機械の安心・安全を追求

傾斜機能材料のプラズマ照射実験

 飛行機が出発地から飛び立って、到着地に着陸する。これは飛行機を利用する人にとって当たり前のことです。しかし、それには飛行機が飛行中に壊れないということが保証されなければなりません。もし、壊れないことが保証されなければ、飛行機は壊れて墜落し大変な大惨事に繋がりかねません。わたしの研究室では材料力学や破壊力学という学問に基づき、飛行機墜落のような事故を引き起こさないようにするためにはどのようにすればよいのかという研究を行っています。
 航空機のみならず、機械に使用される部品の破壊事故を未然に防ぐために、色々な材料を壊してみて、その壊れる原因を調べる研究を行っています。対象とする材料には配管材料、宇宙往還機に使用される傾斜機能材料等があります。古来人類は壊れることに対する対策を講じてきました。縄文土器材料を研究対象として古代の人々の壊れることに対する知識を調べる研究も行っています。