高品質な情報通信ネットワークの研究開発

開発した動画配信プロトコルの概念図

同プロトコルの性能比較

 現代社会における私たちの便利で豊かな生活を支えるためには、インターネットなどの情報通信ネットワーク上に構築されたサービスが欠かせないといっても過言ではないでしょう。例えば、スマートフォンやタブレット端末上でウェブを閲覧し、電子メールを送受信し、ソーシャル・ネットワーキング・サービスで仲間とメッセージや写真を交換し、オンラインゲームを楽しむことは、今日ではごく当たり前のように私たちの生活の中に浸透しています。このようなサービスは、情報通信ネットワークを支える様々な技術が基盤となっています。
 当研究室ではそのようなサービスの基盤となる情報通信技術を対象に研究活動を推進しています。研究成果の一例として、インターネット上で動画を配信するための通信プロトコルの開発を紹介します。この通信プロトコルは、Stream Control Transmission Protocol (SCTP) を拡張した通信プロトコルです。SCTPはインターネットの標準的な通信プロトコルであるTransmission Control Protocol (TCP) とも相性が良く、一方でTCPよりも柔軟な制御が可能です。この特徴を生かして動画データを劣化させることなくスムーズに配信する通信プロトコルを開発しました。このように、当研究室では高品質な情報通信ネットワークの実現に向けて研究開発を進めています。さらに、当研究室では通信プロトコルの特性を調べるために数理的なモデルを作り、解析的に明らかにする研究にも取り組んでいます。


  • L. Wang and K. Kawanishi: Performance of MPEG-4 transmission over SCTP multi-streaming in wireless networks, IEICE Transactions on Communications, vol. E93-B, no.9, pp.2336-2347 (2010).
  • B. Han and K. Kawanishi: Using game theory to investigate stochastic channel selection for multi-channel MAC protocol, IEEE ICCS, Singapore, pp. 172-176, November (2012).
  • K. Kawanishi and T. Takine: MAP/M/c and M/PH/c queues with constant impatience times, Queueing Systems, vol. 82, no. 3, pp. 381-420 (2016).

電子情報理工学科

准教授 河西 憲一
研究室URL : http://www.sovzh.cs.gunma-u.ac.jp/