高度な通信や計測を支える、光と電波の協奏

 「光」も「電波」も現代の生活において身近なものになっています。これらはともに電磁波で、物理の教科書でも目にされていると思います。近年両者を融合した技術が進展しつつあり、スマートフォンはそれを利用する具体例のひとつです。きれいな動画を受信するためには通信の高速化が不可欠ですが、電波だけで高速化を実現しようとすると、遠くで受信するのが難しくなります。そこで、電波の信号を光にのせて光ファイバで長距離伝送させ、必要な時に再度電波に戻しています。このような「光・無線融合通信」は、最近注目されている”IoT”(モノのインターネット)を支える基盤でもあり、光・電波(高周波信号)各々の苦手な点を補うことができる特長があります。
 光・高周波各々の技術の融合により、信号の操作や処理の更なる高度化も期待できます。その一つとして、光を介する高周波信号の周波数変換の研究を進めています。媒介とする光の波長によらずに所望の動作を得る方法を提案し、その実験的実証に成功しました。これにより、通信応用が最近進んでいる周波数帯の信号を、光通信分野では一般的な周波数の信号源から生成できます。また通信応用のほかにも、光技術の利活用による高周波信号計測の高度化・広帯域化等の開拓も進めています。


電子情報理工学科

助教 千葉 明人