コンクリートの耐火性能の評価

図b) 熱応力説

図c) 水蒸気圧説

図a) コンクリートの爆裂

 鉄筋コンクリート構造物(以下、RC構造物)が火災を受けると,表層部が爆発的に剥離・剥落するいわゆる爆裂(図a)が生じます。コンクリートが剥落すると内部鉄筋は露出し高温により品質は大きく低下し、RC構造物が崩壊する危険性があります。この爆裂は、熱応力説と水蒸気圧説によって生じる(図b,c)とされていますが、まだ未解明な部分があります。最近起こったコンクリート構造物の火災事故として,例えば,2008年に起こった首都高速5号池袋線の事故があります。この事故では復旧工事費用約20億円,損失額が40億円となり被害は甚大なものでした。コンクリートの爆裂を抑制する方法として、ポリプロピレン短繊維などの有機繊維を混入する方法とコンクリート表面の耐火被覆を設置する方法がありますが、効果を確認するためには実験の実施が不可欠です。そこで、本研究グループでは、火災時のコンクリートの爆裂性状を評価する方法の開発を進めています。また、火災を受けたRC構造物の耐久性(どこまで、長持ちするのか?)の評価方法も検討しています。


  • 科研費基盤研究(C) 2016年-2018年「リング拘束試験による火災時のコンクリートの耐爆裂性スクリーニング試験法の提案」
  • 高温環境下での高強度コンクリートの耐爆裂性評価における爆裂発生指標の提案,谷辺 徹, 小澤 満津雄, 鎌田 亮太, 内田 裕市, 六郷 恵哲,土木学会論文集,査読有,E2,Vol. 70, No. 1 p. 104-117,2014 
  • 「高温環境下におけるコンクリートの性能評価に関する研究委員会」活動概要

環境創生理工学科

准教授 小澤 満津雄
研究室URL : https://www.facebook.com/oza.gunmauconc.fire/