新しい結合を創製する

この一行の化学式の陰に
累々たる試行錯誤が…

未知の結合

 まだ見つかってない結合があると聞いたら、驚きますか?高校の化学でアセチレンのような炭素―炭素三重結合をもつ化合物を習うはずです。しかし、2つの炭素を両方ともケイ素に置き換えた化合物や、遷移金属とケイ素に置き換えた金属―ケイ素三重結合をもつ化合物が合成されたのは、ごく最近のことです。実は、まだ見つかってない結合が多数あるのです。

新しい遷移金属―典型元素結合を創る

 私たちは、遷移金属と典型元素との間に新しい結合をもつ、錯体と呼ばれる化合物を合成し、その性質を解明する研究をしています。未知の結合、新しい化合物がターゲ ットですから、その合成方法は誰も知りません。「こんな結合を創ろう」という目標を決めたら、あれこれ戦略を練り、実際に実験しては失敗し、また考える、の連続です。その中で、一歩一歩ゴールに近づくことができる時もあれば、予想外の化合物ができてびっくり、なんて時もあります。毎日が驚きの連続です。


  • Synthesis and Structure of η1-Gallacyclopentadienyl Complexes, Takako Muraoka, Taro Nakashima, Mizuki Ogashiwa, and Keiji Ueno, Chem. Lett., 45, 39-41 (2016).
  • Synthesis of a Base-Stabilized Silanone-Coordinated Complex by Oxygenation of a (Silyl)(silylene)tungsten Complex, Takako Muraoka, Keisuke Abe, Youhei Haga, Tomoko Nakamura, and Keiji Ueno, J. Am. Chem. Soc., 133, 15365–15367 (2011).
  • Gallane-Coordinated Transition Metal Complexes and Related Compounds, Takako Muraoka and Keiji Ueno, Coord. Chem. Rev., 254, 1348-1355 (2010).

化学・生物化学科

教授 上野 圭司
研究室URL : http://inorg.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/