傷ついたDNAをなおす仕組みを知る

傷ついたDNAの解析の例

 遺伝物質であるDNAは、紫外線や活性酸素などさまざまな原因によって傷つけられています。傷をそのまま放置してしまうと遺伝情報が変わってしまい、病気の原因にもなってしまいます。そのため、生物には傷ついたDNAをなおす仕組みが備わっています。国内外の研究グループが多くの研究をしていますが、まだその仕組みについては不明な点が多く残っています。DNAをなおす仕組みは種によって少しずつ異なっていることから、私はヒトの細胞では傷ついたDNAをなおしているかを調べています。
 また、DNAをなおす仕組みは、がんの治療とも密接にかかわっています。がんの放射線治療や抗がん剤の多くは、DNAに傷をつけてがん細胞を殺します。しかし、がん細胞にもDNAをなおす仕組みは生き残っているので、これらの効果が薄れてしまうことがあります。そこで、がん細胞でDNAをなおす仕組みがはたらかないようにするための薬剤の取得も目指しています。