エイムズの部屋 ペーパークラフトの作り方

[はじめに]

 エイムズの部屋のペーパークラフトの作り方です。下の左の写真のようなものができます。前面の穴から覗くと、内部が右の写真のように見えます。男性のシルエットも女性のシルエットも同じ大きさなのに、女性の方が大きく感じられます。

   

 ちょっと作り始める前に知っておいていただきたいのですが、作るのはそれほど難しくないとは言え、多少の器用さは必要です。また出来上がりもプラモデルのように精密にはいきません。なぜこんなことを最初に書くかというと、過度の期待をしてきれいなものができず、がっかりされると困るからです。そのようなことさえ認識しておいていただければ、失敗したってたかが紙一枚ですからどおってことありませんので、気軽に挑戦してみてください。

[道具の準備]

 さて作り出す前に道具の準備をします。まず台紙から紙の部品を切り出すカッターとカッターの下敷き、そしてカッター用の定規が必要です。次に接着剤ですが、ある程度強力ではみ出しても汚くならない接着材として透明な合成ゴム系の接着剤が適しています。それからピンセットがあると小さい部品を付けるのが楽だと思います。楊枝も2〜3本もあれば、小さな部分に接着剤を塗ったり、手の届かない接着面を押さえたりするのに便利です。さらに接着剤で机を汚さないために、作業中に下に敷く紙が数枚あると良いです。

[部屋部分の作成]

 下の写真のように、部屋部分の部品(台紙にはAとマークされています)を、外周で切断しで切り出します。


この部品は、上の写真の赤い矢印で示した直線(グレーの破線で示されています)で谷折りにします。なお部品を折る場合、山折りになる方にあらかじめカッターで軽く直線状に傷をつけておきます。こうすると、きれいに折ることができます。ここでは破線が印刷されている方が谷になりますので、山になるのは裏の方で、そちらに傷を付けなければなりません。そこで下の写真のように、この部品を明かりなどに透かして、表の直線の位置を裏に写します。これには直線の両端に近い部分2点に印を付ければ良いでしょう。これら2点を通るように定規を置いてカッターでなぞります。上の写真の赤い矢印で示した直線、全てにこれを行います。


下の写真はカッターでなぞるときの説明です。先ほど印を付けた部分に定規を当て、カッターで軽く直線状に傷をつけます。ただここではとても軽くカッターを当てて、なぞる感じてちょっとだけ傷をつけておくところがミソです。力を入れすぎて切れてしまったら元も子もありませんので。


このようにして、谷折りにすべきところを全て折ると、以下の写真のようになります。


次に、上の写真で赤い矢印で示したのりしろ部分2ヶ所に接着剤を付け、緑色の矢印で示した部分の裏に接着します。すると下の写真のようになります。


後ろから見ると、下の写真のようになっています。これで部屋の骨格が完成しました。

[人物の切り出しと接着]

 人物の部分を作成します。まず下の写真のように、人物の部品(部品CおよびD)を荒く切り出します。


最初に女性のシルエットをカットします。すると下の写真のようになります。


人のシルエットの下にある長方形の部分はのりしろで、足の下の部分で直角に折り曲げる必要があります。そのため、先ほどと同様、この部分に直線状の傷を付けます。それには下の写真のように人物シルエットを裏にして、足の部分をのりしろの長方形の辺と平行に(下の写真で、赤い矢印で示した水色の直線です)軽くカッターでなぞります。


そしてカッターでなぞった部分が山折りになるように折り曲げます。


男性のシルエットも同様にして切り出します。


のりしろ部分も、女性のシルエットと同様に処理して折り曲げます。


次に、先ほど作成した部屋の部品に男性のシルエットを張り付けます。上の写真の赤い矢印で示した部分に接着剤を付けますが、その時に折り曲げた部分(緑の矢印)にも接着剤を少し盛っておきます。このようにすると、その部分の接着剤が固まり、完成後に人物がふらふらしません。接着剤を付けたら、床のグレーの長方形に合わさるように置き、接着します。


男性のシルエットが接着できました。


男性と同様に女性のシルエットも接着します。


部屋の内部が完成しました。

[部屋前面の作成]

 部屋の前面の壁を作ります。まず部品Eを切り出します。


そして中央の円の周囲をカッターで切って、穴を開けます。


まず、部屋の部品の一番大きいのりしろ(下の写真の赤い矢印)に接着剤を塗り、前面の壁の長い辺(緑色の矢印)の裏を接着します。


すると下の写真のようになりますので、次に残り2ヶ所ののりしろ(赤い矢印部分)に接着剤を付けて、前面の壁を接着します。


接着部分がが良く密着するように、裏側から楊枝で押さえておきます。


これで部屋の部分が完成です。

[支持台の接着]

 次にエイムズの部屋を支持する部分を作成します。下の写真のように、支持台の部品(部品B)を切り出します。赤い矢印で示した3ヶ所の直線が山折りにする部分ですので、先ほどと同様にして定規を当て、カッターで軽くなぞって傷を付けます。


なぞった部分を折り曲げると以下の写真のようになります。次に、長い方ののりしろ(赤い矢印)を、部屋本体の下部の長い辺へ接着します。


長いのりしろに接着剤を付けて部屋本体へ接着すると、下の写真のようになります。


次に、支持台の短いのりしろ(上の写真の赤い矢印)に接着剤を付け、部屋の短い辺(緑の矢印)へ接着すると、下の写真のようになります。


これで完成です。


理工学部ホームページへ