同窓記念会館ペーパークラフトの作り方

[はじめに]

 群馬大学理工学部・同窓記念会館のペーパークラフトの作り方です。ちょっと作り始める前に知っておいていただきたいのですが、作るのはそれほど難しくないとは言え、多少の器用さは必要です。また出来上がりもプラモデルのように精密にはいきません。なぜこんなことを最初に書くかというと、過度の期待をしてきれいなものができず、がっかりされると困るからです。そのようなことさえ認識しておいていただかければ、失敗したってたかが紙一枚ですからどうってことありませんので、気軽に挑戦してみてください。

[道具の準備]

 さて作り出す前に道具の準備をします。まず台紙から紙の部品を切り出すカッターとカッターの下敷きが必要です。部品の切断はカッターだけでも大丈夫ですが、もしハサミの方が切りやすいと思われる場合はもちろんハサミを使われても構いません。次に接着剤ですが、ある程度強力ではみ出しても汚くならない接着材として透明な合成ゴム系の接着剤が適しています。また接着する部品によってはスティックのりの方が使いやすいと思います。それから竹串数本を用意して下さい。これは主に手の届かない接着面を押さえたりするのに使います。その他、下の写真にはありませんが、接着剤で机を汚さないために作業中に下に敷く紙が数枚あると良いと思います。



 ここで台紙の部品の模様以外の線の意味を説明しておきます。分かり難いところもありますが、基本的に黒い実線は切断するところ、グレーの実線は山折り、同じくグレーの破線は谷折りをするところです。

[Step1:壁面の準備]

 部品1壁面部分を切り出し折り目をつけます。部品1に関しては折り曲げ方にちょっと複雑なところがあるので、以下の図で説明しておきます。赤い線が切るところ、青い線が谷折り、緑の線が山折りにするところです。



 建物正面の壁の上の部分にも切断するところがありますので、注意してください。また直線的に折る部分は、山になる方にあらかじめカッターで軽く直線状に傷をつけておくとうまく折ることができます。ただここではとても軽くカッターを当てて、なぞる感じてちょっとだけ傷をつけておくところがミソです。力を入れすぎて切れてしまったら元も子もありませんので。また紙の裏側に傷をつける場合、窓ガラスなどに押し当てて空かしてみて、折り目の位置を確認すると良いと思います。以下に順次写真を載せていきますので、れを良く見て加工を進めてください。

 まず外周で切断し、部品を取り出します。



 次に正面壁の上部に切れ目を入れます。



 谷折りの部分は、ガラスに空かして、裏に折り目部分を示す直線を引いておくと良いです。



 それぞれの位置で折り曲げ、形を作ります。





[Step2:屋根の準備と建物の組み立て]

 屋根の部分(部品2と部品3)を切り離して折り曲げておきます。





 まず部品2の方から壁面の部品(部品1)へ取り付けていきます。建物の正面のから接着していきます。その部分ののりしろに接着剤を塗り、屋根を取り付けます。なお正面部分のひさしはありませんので、正面上部の壁の面と屋根の端が一致するように接着します。





 屋根を接着していく際、壁面上部ののりしろに屋根が密着するように竹串で押すと良いです。



 順次壁面部品の上部に付いているのりしろに接着剤を塗って屋根を接着して行き、最後に壁面の端をつなげます。



 次に、残っている壁面上部ののりしろと、いま取り付けた屋根に付いているのりしろに接着剤を塗り、もう一つの屋根(部品3)を接着します。



[Step3:ウイングの取り付け]

 同窓記念会館正面には、左右に張り出す特徴的なウイングが付いています。つぎにこれを取り付けます。まずウイングの部品(部品4aおよび部品4b)を切り出し、印刷部分が外になるよう中心で折ります。



 内側にのりを塗って張り付けます。





 これを両側のウイングに対して行った後、建物の正面左右に接着します。





[Step4:建物の台紙への貼り付け]

 台紙(部品5)を切り離します。台紙の端には銘板が付いていますが、一方は日本語、他方は英語になっています。これはお好みの方を残し、他は切り取ってしまいます。以下の写真は日本語の銘板を残した例です。



 建物の下側ののりしろに接着剤を付け、台紙に接着します。台紙は説明文がある方が下になります。台紙の上側には 建物を接着する目印がありませんが、建物正面と台紙の前面の端が2cmほど空くようにしてください。左右の位置に関しては目分量で建物全体が台紙の中央になるようにしてください。なお銘板は上方へ折り返して、タイトルが前面から見えるようにします。



[Step4:エントランスの取り付け]

 建物の入り口にはエントランスが付きますので、これを作成します。まず部品6a〜部品6eを切り出します。



 これらの部品を大きい方から小さい方へ重ねながら順次接着して行きます。





 完成したエントランスを建物正面の玄関の前に接着します。



[Step5:屋根飾りの取り付け]

 玄関の屋根にある飾りを取り付けます。部品7を切り出し、折り目をつけておきます。



 折り返した内部にのりを塗って貼り付けた後、玄関部分の屋根に接着します。





[Step6:木の取り付け]

 次に建物の前部に木を取り付けます。まず部品8を切り出します。次に強度を付けるため、中央で折り目にして少し曲げておきます。また下部は中央で割って曲げておき、これを台紙へ張り付けるためののりしろとします。



 これを建物前部の右側の位置に接着します。接着する位置は目分量で良く、目で見てバランスの良い位置に接着します。



[完成]

 これで出来上がりです。




理工学部ホームページへ