群馬大学理工学部

電子情報部門 奥寛雅准教授の研究成果「食べられる光学素子」が、OPENLAB Reviewに掲載されました。

 電子情報部門 奥寛雅准教授の研究成果「食べられる光学素子」が、製菓企業である株式会社BAKE様が運営するwebサイト”OPENLAB Review”に掲載されました。
 「再帰性反射材とは?」「光る寒天?」「これで何ができるの?」など、分かりやすく解説されています。ぜひご覧下さい。

◆OPENLAB Reviewの記事はこちら→食材がキラキラ光る!「光を反射する寒天」が開発された

(こちらもぜひご覧下さい)
奥先生の研究成果「食べられる光学素子」の説明と動画はこちら→プレスリリースへ