群馬大学理工学部

環境創生部門 窪田 恵一助教の研究が、2016年11月9日の日経産業新聞で紹介されました。

 環境創生部門助教 窪田 恵一先生と国立環境研究所の研究が、2016年11月9日の日経産業新聞で紹介されました。紹介された堆積物微生物燃料電池は、閉鎖性水域に対する環境改善技術として期待されています。
 
 紹介された研究について、詳しくはこちらをご覧下さい→ 研究室の研究紹介URL