群馬大学理工学部

カーボンナノチューブをテンプレートとした、世界最小クラスの超極細超伝導ナノワイヤーを実現(プレスリリース)

 慶應義塾大学理工学部の牧英之准教授らは、国立研究開発法人物質・材料研究機構の森山悟士主任研究員、国立大学法人群馬大学理工学部の守田佳史准教授と共同で、カーボンナノチューブをテンプレートとして、世界最小クラスの超極細超伝導ナノワイヤーを実現し、シリコンチップ上でのデバイス化によって、微小な超伝導体で現れる特異な超電導現象の観測に成功しました。

詳細はこちらをご覧下さい→プレスリリースの詳細へ