群馬大学理工学部

BMFSA2016で大学院理工学府知能機械創製理工学教育プログラム博士前期課程1年の李景輝君が学生奨励賞を受賞しました。

 平成28年11月26,27日に、高知でバイオメディカル・ファジィ・システム学会第29回年次大会 (BMFSA2016) が開催されました。その中で、大学院理工学府知能機械創製理工学教育プログラム博士前期課程1年の李景輝君が、学生奨励賞を受賞しました。本賞は、大学院生・学部学生が発表した講演の中から、特に優れた論文発表をした学生に贈られるものです。講演原稿の内容、発表の内容、発表方法、質疑応答を総合的に判断され、それらが特に優れていると評価され受賞したものです。

 受賞のタイトルは、Simultaneous stabilizing controller with robust servo characteristicです。本研究は、潮見幸江助教、鈴木孝明准教授、山田功教授との共同研究です。今回受賞した研究は、制御対象の一部が故障したとしても制御系の安定性を保証する同時安定化問題に関する研究です。これまでの同時安定化補償器の設計法を用いると、ステップ目標入力に定常偏差なく追従させる制御系を構築できないという問題がありました。この問題を解決する同時安定化補償器の設計法を提案しています。さらに、同時安定化補償器のパラメータ表現を行う同時安定化補償器のパラメトリゼーションを明らかにしています。難しい問題でありながら、実用上解決すべき問題を完全に解いたことが評価されたものです。

 受賞した研究は、制御理論を応用する上で重要な礎となる基礎的な結果であり、さらなる研究が期待される分野であることから、李景輝君の今後のさらなる発展を期待します。

李景輝 君 と 賞状

李景輝 君 と 賞状