群馬大学理工学部

第39回日本分子生物学会において、物質・生命理工学教育プログラムの瀧澤将行君が優秀ポスター賞を受賞しました。

 2016年11月30日~12月2日にパシフィコ横浜で開催された第39回日本分子生物学会において、博士前期課程2年(分子生物科学研究室)の瀧澤将行君が、優秀ポスター賞を受賞した。瀧澤君の受賞演題は「PPARαカスケードの活性化によるNASHの発症」で、指導教員である井上裕介准教授と行木信一准教授との共同研究による成果である。本発表では、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の核内受容体を介した新規発症機構と劇的な病態の改善をマウスモデルを用いて報告した。NASHは肝硬変や肝癌にまで進行する悪性の脂肪肝であり、確立された治療法がないため、本研究はNASHの治療薬開発の基盤となることが期待される。