第19回応用力学シンポジウム(土木学会)にて、環境創生教育プログラム博士前期課程2年生 森 亜也華さんが、応用力学ポスター賞を受賞!

 環境創生部門構造研究室(斎藤研究室)所属の森亜也華さんが、土木学会応用力学委員会より第19回応用力学シンポジウムポスター賞を受賞しました。
 森さんの発表のタイトルは、「レーザー超音波可視化試験を応用したCFRPの弾性定数の推定とEFITによる超音波シミュレーション」であり、計測実験と数値シミュレーションの両面から、任意の積層構造を持つCFRP(Carbon Fiber Reinforced Plastics)の異方性弾性定数を推定し、かつその妥当性を評価したものです。
 CFRPは近年、航空宇宙や土木・建築、医療分野、スポーツ分野等様々な分野で応用されている注目の材料の一つですが、鋼やコンクリート等とは異なり強い音響異方性を示すことで知られています。CFRPは高い引張り強度を持つ等の様々な長所を持ちますが、その音響異方性は一般的に用いられる非破壊評法を難しくさせています。実際、CFRPに超音波を用いた非破壊評価法を実施すると、音響異方性が原因で、超音波がどのように伝搬するか理解することが極めて難しくなります。
 森さんの研究は、その音響異方性の性質を決定づける異方性弾性定数を、レーザー超音波可視化試験と画像解析を用いて推定し、最適化を施すことで、異方性弾性波動方程式を満足する精度の良い弾性定数を推定することに成功しました。今後は、様々な積層タイプのCFRPやGFRP等の他のFRP構造物に対しても適用を検討していく予定です。