最先端の電子機器、重粒子線などの量子ビーム技術、電子材料、医用計測技術、通信技術、
IoTシステムなどのモノづくりと情報技術やAI技術について学びます。
SDGsで関連のある項目
持続可能な開発目標(SDGs)については、群馬大学HP をご覧ください。
プログラムの特色

▶ 日進月歩で進展が続く電子情報通信技術をベースとするモノづくりや、AI技術の利活用について学びます。
▶ 最先端の計測技術や通信技術を武器として、電子機器や医療機器、電子材料、IoTシステム開発などの分野で活躍できる人材を育成します。
▶ 新規の治療手段として近年注目されており、本学や群馬県でも力を入れている重粒子線などの量子ビーム技術についても学びます。

キーワード

AI、IoT、コンピュータ、情報通信、スマートフォン、医療機器、電子デバイス、ハイブリッドカー、太陽電池、集積回路

研究例

医学などで応用されている量子ビーム
光通信用デバイス
無線通信ネットワーク
アナログ集積回路設計
計算機システム,回路とシステム  など

こんな人におすすめ

▶ 物理や数学が好きな人
▶ 半導体や集積回路・コンピュータなどの電子デバイスや電子機器をよりよくしたり全く新しいものにしてみたい人
▶ 考えること・発明することが好きな人

卒業後の進路

▶ 大学院進学 ▶ 電子部品 ▶ 電気機器 ▶ 情報通信システム ▶ 自動車・輸送機器・一般機械 ▶ 医療機器等の機電系の開発・製造企業 など
詳細は、「就職・進路」のページへ

教員からメッセージ

電子情報通信技術は「古くて新しい」技術の一つで、今後も著しい進展が見込まれます。電子情報通信プログラムでは、電子情報通信デバイス・機器に関するモノづくりの基礎を学ぶとともに、その手段となる、近年急速に発展したAIに代表される情報技術・新規の治療手段として熱く期待されている重粒子線などの量子ビーム技術についても学びます。最先端の計測技術や通信技術を武器として、医用計測やIoTシステム、電子材料開発などの分野で活躍できる人材を育成します。