食品機能を科学的に理解するとともに、食品の創出に関わる生産工学を学びます。
ロゴマークと紹介動画
SDGsで関連のある項目
持続可能な開発目標(SDGs)については、群馬大学HP をご覧ください。
プログラムの特色

▶ 理工学系で食品の科学と工学を学べる、全国で数少ないプログラムです。
▶ 食品を科学的に理解し、これを食品開発に反映させ、さらに食品生産および海外も含めた流通に寄与できる人材を育成します。
▶ ヒトの健康と美に配慮した食品科学、これに加え環境に配慮した食品の加工・調製・包装・流通・保存に関する知識とこれらが連携する一連のプロセスについて学びます。

キーワード

食品科学、食品工学、食の安全と安心、食健康科学

研究例

微生物が分解するプラスチックの開発
高電圧と食品・バイオ・水の融合を目指して
遺伝子から病気を理解し、病気になりにくい健康な体に
おいしさの分析法の可能性を探る
自然の力で環境を浄化する  など

こんな人におすすめ

▶ 体に良く美味しい食品の研究開発に携わりたいと考えている人
▶ 安全で安心な食品がどのように生産されるか気になっている人
▶ 将来、食品や化粧品、化学工業の分野で活躍したいと考えている人
▶ 食と健康と美との関係に興味のある人

卒業後の進路

▶ 大学院進学 ▶ 食品系企業 ▶ 医療・製薬の分野での研究開発職 ▶ 化学系・化粧系企業 ▶ エンジニアリング系企業 
▶材料系企業 など
詳細は、「就職・進路」のページへ

教員からメッセージ

 食品は、わたしたちが健康に過ごすためには欠くことができないものです。食品は,わたしたちの手に届くまでに、加工・調製・包装・流通・保存などの様々な工学的過程を経ます。食品工学プログラムは,これらの食品やその生産に関連する広範囲にわたる事柄を「科学」と「工学」の視点から体系的に学ぶ,全国でもユニークな教育プログラムです。本プログラムでの教育は、食品産業のみならず化粧品製造業や健康産業、さらには化学産業で活躍するためにも役立ちます。食、健康、美に興味があり、将来これらの分野で研究者やエンジニアとして活躍したいと思っているなら、是非私達と一緒に学んでみませんか?