物質・環境類

物質・環境類

持続可能な社会を支えるための基礎となる化学・生物・物理を融合した科学技術について、幅広く学べます。
 ★持続可能な社会とは?⇒地球環境と人間が共存し、後の世代も今と同じような暮らしを持続できる社会
応用化学プログラム

物質の合成・構造・性質に関する分野や遺伝子、生命科学分野について学びます。

プログラムの詳細はこちら

応用化学プログラムのページへ

研究例

有機フッ素化合物を新しくつくる(医薬・農薬等への応用)
マイクロ人体モデルの開発
光を用いたバイオイメージング
有機・無機ハイブリッド物質を科学し新規機能を創出する
「遺伝子」という宝探し
ケイ素クラスターへの挑戦
新たな有機 π 電子系化合物の創製
可視光に応答する分子のしくみの解明と開発
光化学で結晶を作る
「糖」の持つ機能を化学・生物学の力で明らかにする
物理化学で生命現象を解明する!
医療品開発の基礎を作る
哺乳類の生理学から微生物のウイルスまで  など

卒業後の進路

大学院進学、化学系企業、材料系企業、医療・製薬系企業、食品・化粧品系企業 など
詳細は、「就職・進路」のページへ

食品工学プログラム

食品機能を科学的に理解するとともに、食品の創出に関わる生産工学を学びます。

プログラムの詳細はこちら

食品工学プログラムのページへ

研究例

微生物が分解するプラスチックの開発
高電圧と食品・バイオ・水の融合を目指して
遺伝子から病気を理解し、病気になりにくい健康な体に
おいしさの分析法の可能性を探る
自然の力で環境を浄化する  など

卒業後の進路

大学院進学、食品系企業、医療・製薬の分野での研究開発職、化学系・化粧系企業、エンジニアリング系企業、材料系企業 など
詳細は、「就職・進路」のページへ

材料科学プログラム

物質科学と金属工学を基軸として、材料開発に関する基礎から最先端の知識と技術を幅広く学びます。

プログラムの詳細はこちら

材料科学プログラムのページへ

研究例

■ 電気エネルギーを蓄えるカーボン材料の開発
 研究例1  研究例2
■ 超高性能膜・繊維(高強度釣り糸・電池膜 生体模倣型センサ ナノファイバー など)の開発(企業との共同研究)
■ ケイ素、リン、硫黄を利用した高機能化合物・材料の合成
 研究例1  研究例2
■ 新規手法(未利用資源を活用した手法 多成分連結反応  など)を用いた高分子合成
■ マルチマテリアル接合科学(自動車 半導体 生体 分野などで使われる 様々な材料 をつなぐ)
マグネシウム合金の加工技術(最も軽くて強い身近な金属で形を作る)

卒業後の進路

大学院進学、化学・材料系企業、電機·電子系企業、自動車系企業、機械·精密機器系企業、医療機器系企業 など
詳細は、「就職・進路」のページへ

化学システム工学プログラム

物質・エネルギーを無駄なく、クリーンに利用生産するための知識と技術を学びます。

プログラムの詳細はこちら

化学システム工学プログラムのページへ

研究例

「ゴミ」をエネルギーに変える
ナノ粒子を操って高効率燃料電池へ
環境に優しい新材料/プロセスを創り出す
便利で安全に電気を蓄える新型蓄電池の開発  など

卒業後の進路

大学院進学、化学系企業、エンジニアリング系企業、エネルギー関連企業、材料系企業 など
詳細は、「就職・進路」のページへ

土木環境プログラム

自然災害からの防御や社会的・経済的基盤の計画・整備・維持管理のための技術を学びます。

※JABEE認定プログラムです。(JABEEについての説明はこちら ⇒ 理工学部JABEEのページへ

プログラムの詳細はこちら

土木環境プログラムのページへ

研究例

■ 自然災害による被害予測システムの開発(土砂災害 洪水
微生物燃料電池に関する研究
環境汚染物質分解のための微生物利用技術の開発
構造物・材料の維持管理に関する研究
コンクリートの火災時における爆裂評価に関する研究  など

卒業後の進路

大学院進学、建設・防災・環境系企業、社会インフラ企業(鉄道・道路等)、公務員(技術職)など
詳細は、「就職・進路」のページへ