JABEE認定

国際的な技術者としての保障-JABEE資格の取得-

  • この制度は米国から1936年に始まり、米国ではほとんどの大学が取得しています。技術者としての最低レベルを国際的に保証するもので、この上にいかに力をつけさせるかで、大学の特徴を示します。
  • 日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Educaton)の認定を受けた学科を修了し、技術士会に登録すると技術士補の資格が得られるなど資格取得面でも優遇されています。
  • JABEEはワシントン協定に加入(2005年6月)し、この資格は国際的に同等性を保証されており、世界で仕事をする国際エンジニアにとって大変有効な資格となります。
  • ワシントン協定には、米国、カナダ、英国、アイルランド、香港、南アフリカ、豪州、ニュージーランドそれに日本が加わりました。ドイツ、韓国、台湾、中国、ロシアなども準備中です。

認定学科(コース) ※2016年現在

  • 機械知能システム理工学科
  • 環境創生理工学科の社会基盤防災コース

取得している他大学例

北海道大学、名古屋大学、東北大学、早稲田大学、慶應義塾大学、横浜国立大学、立命館大学、金沢大学、岡山大学、埼玉大学、信州大学、新潟大学など