アドミッションポリシー

教育ポリシー 理工学部

 大学入試センター試験と本学が実施する個別学力検査等による一般入試のほか,推薦入試などのフレキシブルな入学者選抜方法がとられています。また,短期大学,高等専門学校,専修学校の専門課程以上を卒業又は修了した方を対象に,3年次に受け入れる編入学試験も行っています。
 なお,本学部の教育ポリシーは,次のとおりです。

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー) ~このような人を求めています~

  1. 誰も行ったことのない新しいことに挑戦することが好きで,失敗をおそれない人
  2. 自らの能力向上を目指し,そのための労を惜しまない人
  3. 自然現象や科学技術などに興味があり,それらを通じて自然科学の原理原則を最後まで追究したい人
  4. 理工学を学ぶ上での基礎学力を有し,理学的基盤(数学,物理学,化学,生物学など)の理解を基に新理論・新技術の開発にチャレンジしたい人
  5. 理工学分野で国際的な活躍をめざす人
    ~高等学校等で履修すべき科目・取得が望ましい資格等~
    数学では,数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・A・B(あるいは同等の科目),理科では,物理(物理基礎を含む), 化学(化学基礎を含む),生物(生物基礎を含む)(あるいは同等の科目)のうち2つ以上及び英語を 履修していることが望ましい。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) ~このような教育を行います~

 世界の知的基盤を担う創造性豊かな人材を育成するため,学生と教員との緊密なつながりを基本として,次のような教育を行います。

  1. 理学に根ざした俯瞰的な物の見方,考え方を身に付け,工学に根ざした実践的・独創的な課題解決能力を養う理工学教育
  2. 国際的な水準を満たし,かつ各教員の特長を活かした教育
  3. 個人の発想や知的好奇心を尊重し,未知の分野に挑戦する活力と創造性を育む教育
  4. 国際コミュニケーション能力を備え,世界を舞台に研究者・技術者として活躍できる人材を育成する教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシ-) ~このような人材を育てます~

 所定の年限在学し,かつ所定の単位を修得した,次のような者に学士の学位を授与します。

  1. 自然や社会の理解に関する俯瞰的・論理的な見方や考え方を修得した者
  2. 理工学に関する基礎および専門的な知識を修得した者
  3. 社会の中で専門分野の知識を活かし,未知なるものの探求,新たなものの創生や諸課題の解決に取り組める者
  4. 他者の意見を理解し,自らの意見を伝え,外国の人ともコミュニケーションができる素養をもつ者

教育ポリシー 理工学府(博士前期課程)

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー) ~このような人を求めています~

  1. 学部レベルの理工学に関する基礎知識を身に付け,語学を含む基礎的なコミュニケーション能力を有する人
  2. 自らの能力向上を目指し,知識基盤社会において指導的役割を担おうとする強い意志と倫理観を有する人
  3. 新たな科学技術の開拓に,失敗を恐れずに挑戦する勇気と情熱を有する人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) ~このような教育を行います~

 知識基盤社会のさらなる進展を担い,新たな社会の創造・成長に向けてグローバルに活躍できる人材を育成するため,理学と工学の分野融合による教育研究活動を基盤に,次のような教育を行います。

  1. 従来の学問分野の枠を超えて俯瞰的に問題を把握し,知識を総合化して課題を解決できる能力を養う高度な理工学教育
  2. 各教員の特長を活かした先端的研究の実践を通じて,自ら新たな課題を発見し挑戦する創造性と実践力を養う教育
  3. これからの研究者・技術者に求められる技術マネージメントなどに関する基礎的素養と高い倫理観を養う教育
  4. 先端研究者・高度専門技術者としてグローバルに活躍するための国際コミュニケーション能力を養う教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) ~このような人材を育てます~

 修了要件を満たした次のような者に修士の学位を授与します。

  1. 学部における研究教育を通して得られた理工学に関する知識・技術・研究基礎能力をさらに高め,俯瞰的視点から問題点を把握し,専門知識を総合化して課題を解決する能力を持つ者
  2. 高度な専門知識・技術を持ち,人と自然との調和のとれた未来社会創造に貢献できる者
  3. 責任感,倫理観,信頼感に富み,先端研究を通して広く社会に貢献できる者
  4. 自分の考えや判断を的確に説明できる論理性とコミュニケーション能力を持ち,広く社会で活躍できる者

【参考】
◇ 選抜方法 ~このような選抜を行います~

  1. 一般入試:学力検査、面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。
  2. 推薦入試:面接、口頭試問の結果、並びに学部における成績等を総合的に判断して選抜します。
  3. 社会人入試:面接、口頭試問の結果、並びに実務経験等を総合的に判断して選抜します。
  4. 留学生入試:学力検査、面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。なお、外国に居住している受験生に関しては、成績証明書、推薦書等の書類審査、並びにインターネットを利用したインタビュー等の結果により判定する場合があります。

教育ポリシー 理工学府(博士後期課程)

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー) ~このような人を求めています~

  1. 博士前期レベルの理工学に関する基礎知識を身に付け,語学を含む基礎的なコミュニケーション能力を有する人
  2. 自らの能力向上を目指し,知識基盤社会において指導的役割を担おうとする強い意志と倫理観を有する人
  3. 新たな科学技術の開拓に,失敗を恐れずに挑戦する勇気と情熱を有する人

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー) ~このような教育を行います~

 知識基盤社会のさらなる進展を担い,新たな社会の創造・成長に向けてグローバルに活躍できる人材を育成するため,理学と工学の分野融合による教育研究活動を基盤に,次のような教育を行います。

  1. 従来の学問分野の枠を超えて俯瞰的に問題を把握し,知識を総合化して課題を解決できる能力を養う高度な理工学教育
  2. 各教員の特長を活かした先端的研究の実践を通じて,自ら新たな課題を発見し挑戦する創造性と実践力を養う教育
  3. これからの研究者・技術者に求められる技術マネージメントなどに関する基礎的素養と高い倫理観を養う教育
  4. 先端研究者・高度専門技術者としてグローバルに活躍するための国際コミュニケーション能力を養う教育

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー) ~このような人材を育てます~

 修了要件を満たした次のような者に博士の学位を授与します。

  1. 学部及び大学院前期課程における研究教育を通して得られた理工学に関する知識・技術・研究基礎能力をさらに高め,俯瞰的視点から問題点を把握し,専門知識を総合化して課題を解決する能力を持つ者
  2. 高度な専門知識・技術を持ち,人と自然との調和のとれた未来社会創造に貢献できる者
  3. 責任感,倫理観,信頼感に富み,先端研究を通して国際社会,地域社会に貢献できる者
  4. 自分の考えや判断を的確に説明できる論理性と国際コミュニケーション能力を持ち,国際社会で活躍できる者

【参考】
◇ 選抜方法 ~このような選抜を行います~

  1. 一般入試:面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。
  2. 社会人入試:面接、口頭試問の結果、並びに実務経験等を総合的に判断して選抜します。
  3. 留学生入試:面接、口頭試問等の結果を総合的に判断して選抜します。なお、外国に居住してい る受験生に関しては、成績証明書、推薦書等の書類審査、並びにインターネットを利用したインタビュー等の結果により判定する場合があります。