群馬大学理工学部

群馬大学理工学部における
国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)令和2年度研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)採択状況


※A-STEPは大学・公的研究機関等で生まれた科学技術に関する研究成果を国民経済上重要な技術として実用化することで、研究成果の社会還元を目指す技術移転支援プログラムです。令和2年度は新制度での公募となり、「トライアウト」、「産学共同」、「企業主体」に関する新規課題が募集されました。

※各「課題名」をクリックすると、理工学部HPお知らせページへ移動します。


【産学共同(本格型)】
課 題 名:AIによる回路トポロジー合成を実現する高度なアナログ回路設計プラットフォームの開発
プロジェクトリーダ(企業責任者):株式会社ジーダット 山田 聡
研究責任者:大学院理工学府 電子情報部門 准教授 髙井 伸和
参 画 機 関:東京大学
概   要:
髙井准教授のAIをアナログ回路設計に応用する知財と株式会社ジーダットのセル単位にアナログ回路を設計する知財を組み合わせることで、AIによる高度なアナログ回路設計自動化環境を世界で初めて実現します

【産学共同(育成型)】
課 題 名:革新的グリーンプロセッシングによる高強度・機能性繊維作製システムの確立
研究責任者:大学院理工学府 分子科学部門 助教 撹上 将規
参 画 機 関:信州大学、群馬県繊維工業試験場
概   要:
撹上助教を研究責任者として参画機関(信州大学、群馬県繊維工業試験場)とともに環境低負荷型成形法(グリーンプロセッシング)による高強度・機能性繊維材料の開発に取り組みます

【トライアウト(2件)】
課 題 名:大面積材料と高液体透過性を創発させた急速充放電可能なレドックスフロー電池
研究責任者:大学院理工学府 環境創生部門 助教 石飛 宏和
概   要:
固定価格買取制度が終了した中小規模太陽光発電所に調整力を付与するための、コンパクトで急速充放電可能なレドックスフロー電池の創出を目的として、従来とは全く異なる多孔性カーボン材料を創製に取り組みます。

課 題 名:長寿命大型高出力キャパシタ開発に向けた量子状態計測に基づく解析手法の開発
研究責任者:大学院理工学府 電子情報部門 助教 鈴木 宏輔
概   要:
本研究は、これまでに鈴木助教のグループで確立した高エネルギー放射光X線を使った元素定量分析技術にマルチピンホールイメージング技術を融合することで、大型電気化学デバイス内部のイオン分布と構造変化を非破壊で分析する解析技術の実現を目指します。

【A=STEPについて】(リンクはすべてJSTのHPへ移動します)
◆制度の概要
https://www.jst.go.jp/a-step/outline/index.html

◆採択課題一覧
 産学共同(本格型) https://www.jst.go.jp/a-step/kadai/2020-honkaku.html
 産学共同(育成型) https://www.jst.go.jp/a-step/kadai/2020-ikusei.html
 トライアウト https://www.jst.go.jp/a-step/kadai/2020-tryout.html