群馬大学理工学部

物質・生命理工学教育プログラム専攻2年の伊藤明日香さんが、日本化学会秋季事業 第9回CSJ化学フェスタ2019にて学生ポスター賞を受賞しました。

 2019年10月15日~17日に「第9回CSJ化学フェスタ2019」がタワーホール船堀で開催され、物質・生命理工学教育プログラム専攻博士前期課程2年の伊藤明日香さんが「金コロイドフィルムの表面プラズモン共鳴を用いたタンパク質の新規結晶化法」の発表を物理化学部門で行い、優秀ポスター発表賞を受賞しました。
 学生ポスター発表では8分野、合計1,031件の発表が行われました。この中から審査を希望するポスター発表に対し、1)研究に対して発表者が十分に寄与していること、2)質疑応答に優れていること、3)独自性が認められ今後の発展が期待できること、の3つの観点から審査が行われました。