群馬大学理工学部

第58回日本地すべり学会研究発表会において、理工学部環境創生理工学科(社会基盤・防災コース)3年の田口翔也君が、若手ポスター賞を受賞しました。

 2019年8月20日から23日まで熊本県熊本市で開催された第58回日本地すべり学会研究発表会において、理工学部環境創生理工学科社会基盤・防災コース3年の田口翔也君が、若手ポスター賞を受賞しました。論文題目は「直立岩盤表面の変位量の測定値から開口亀裂を推定するための解析的試み」です。
 
 直立岩盤における潜在的な開口亀裂の存在を検出するための観測手段の一つとして、地表面に多数のMEMS傾斜計を設置するなどの手法が考えられます。本研究では、こうした観測に基づいて岩盤内の亀裂位置を推定するための手法を開発するため、そのための第一段階として、岩盤表面の複数箇所における変動後の絶対変位量が観測されていることを前提に、変動の原因となっている弱面の位置を推定するための解析手法を提案しています。研究の着眼点や、発表態度、現場で役立つ点を評価され、受賞につながったと考えられます。