群馬大学理工学部

第58回日本地すべり学会研究発表会において、理工学府環境創生理工学教育プログラム博士前期課程2年の小谷健太君が、若手ポスター賞を受賞しました。

 2019年8月20日から23日まで熊本県熊本市で開催された第58回日本地すべり学会研究発表会において、理工学府環境創生理工学教育プログラム博士前期課程2年の小谷健太君が、若手ポスター賞を受賞しました。論文題目は「弾粘塑性有限要素法による地下水位と連動した地すべり運動のパラメトリックスタディ」で、大澤宗一郎さん、若井明彦教授との共著です。
 緩慢に進行する地すべりでは、降雨などによる斜面内の地下水変動が斜面の移動速度と関係していることが知られています。本研究はその関係性に着目をし、地すべりによる斜面の変形を再現する2次元弾粘塑性有限要素法を提案しました。この手法を用いて仮想の斜面に対して様々な条件を与えて計算を行うことで斜面崩壊のメカニズムおよび、精度の良い計算結果を得るためのパラメータ決定方法について検討を行いました。本研究から得られた知見は地すべりの理解と新たな対策手法を検討する一助となることが期待されます。