群馬大学理工学部

環境創生理工学科(コンクリート工学研究室)4年生の池谷拓由紀が、第19回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウムで優秀論文賞を受賞しました。

環境創生理工学科社会基盤・防災コース(コンクリート工学研究室)4年生の池谷拓由紀が、 第19回コンクリート構造物の補修,補強,アップグレードシンポジウム(2019/10/17-18)で論文発表を行い、優秀論文賞を受賞しました。
このシンポジウムでは、コンクリート構造物の耐久性、維持管理に関する約112件の論文・報告の発表がなされました。
 
論文名:リング拘束供試体加熱試験法によるジオポリマーコンクリートの爆裂評価