群馬大学理工学部

物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程2年の山下修平さんが、第9回フッ素化学若手の会で優秀ポスター賞を受賞しました。

 令和元年9月12日-13日に福井県あわら市で開催された第9回フッ素化学若手の会において、物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程2年の山下修平さんが、ポスター賞を受賞しました。受賞演題は「ETFE膜表面へのクラウンエーテルの導入と色素吸着能の評価」であり、高機能なフッ素樹脂の応用範囲を放射線によって更に拡張する、注目度の高い研究内容です。
 
 本会では50件以上のポスター発表が行なわれ、研究内容・ポスターの明瞭さ・質疑応答内容を選考基準として、複数の審査委員による厳正な審査が行われました。その結果、審査得点の上位3名が優秀ポスター賞に選出されました。