群馬大学理工学部

環境創生部門 小澤研究室が開発した試験法が、日本コンクリート工学会の「コンクリートの爆裂試験方法」の規準試験法として採用されました。

 環境創生部門 小澤研究室が開発したリング拘束供試体加熱試験法(図-1)が、日本コンクリート工学会の「コンクリートの爆裂試験方法」の試験規準として採用されました。
 
 コンクリートは火災などにより急激な高温作用を受けると,コンクリートのかぶり部分が剥離・剥落する爆裂現象を生じてしまう可能性があります。爆裂現象の発生メカニズムとしては熱応力説や水蒸気圧説が挙げられるが,確たる結論は得られていません。鉄筋コンクリート(RC)部材は、構造部材からの拘束を受けますが、拘束下におけるコンクリートの爆裂を評価する方法として、リング拘束供試体加熱試験法を開発しました。従来法は、小型の円柱供試体や角柱供試体を用いて加熱し、無拘束状態におけるコンクリートの爆裂を評価するまでしかできませんでした。一方、提案したリング拘束加熱供試体試験法は、鋼管の中にコンクリートを充填し、開口部の一面を加熱することで、拘束下におけるコンクリートの爆裂性状を評価できる試験法です。
 
 更に、この試験法では、爆裂に影響する熱応力と水蒸気圧を直接、測定できるため、メカニズムの解明にも寄与することができます。この試験法が規準化されたことで、種々のセメント系材料を対象として配合のスクリーニング試験として活用できます。加えて、新しい補修材料の高温時における爆裂評価が可能となり、今後更に、利用拡大が期待されます。
 
詳細はこちらをご覧ください⇒日本コンクリート工学会のHPへ
 

図-1 リング拘束供試体加熱試験法