群馬大学理工学部

分子科学部門の神谷厚輝助教が、日本化学会 第99春季年会(2019)の「若い世代の特別講演会」において、講演を行います。

 分子科学部門の神谷厚輝助教が、3月16日(土)~19日(火)に甲南大学岡本キャンパスで実施される日本化学会 第99春季年会(2019)の「若い世代の特別講演会」において、講演を行います。この講演会は、日本化学会が毎年年会の際に若い世代の研究者を励まし、次代の化学および化学技術をさらに活性化するために企画しているもので、意欲的に研究を行っている若手研究者に“特別講演”の機会を設けています。公募制で実施しており、毎年20件以内が選ばれます。
 神谷助教の講演タイトルは「細胞膜環境を模倣した人工細胞膜の創出」です。これは細胞膜の環境を模倣した人工細胞膜(リポソーム)の作製を確立し、このリポソームによる生体分子の機能観察についての講演です。将来、この研究は、人工細胞作製研究に貢献できると考えられています。