群馬大学理工学部

知能機械創製部門の石間教授と分子科学部門の永井助教が、公益財団法人スズキ財団平成30年度科学技術研究助成および課題提案型研究助成に採択されました。

 知能機械創製部門の石間教授と分子科学部門の永井助教が、公益財団法人スズキ財団 平成30年度課題提案型研究助成および科学技術研究助成に採択され、2019年2月15日に静岡県浜松市において贈呈式が行われました。
 石間教授の研究課題は「エンジン用ピストンおよびピストンリング周りの油膜形成機構の解明」で、課題提案型研究助成に採択されました。これは、スズキ財団が、時代の要請であり、かつ、可及的速やかに解決が求められる問題等につきテーマを設定して応募を募るもので、平成30年度は石間教授の研究課題を含め4件が採択されました。
 永井助教の研究課題は「使用済みリチウムイオン二次電池からの高選択的熱応答性ポリマーと超高回収量捕集ポリマーの段階的使用によるレアメタル完全リサイクルシステムの開発」で、科学技術研究助成に採択されました。こちらは永井助教の研究課題を含めて41件が採択されています。

石間教授

永井助教