群馬大学理工学部

知能機械創製理工学教育プログラムに所属する学生が、日本機械学会関東支部群馬ブロック交流発表会で、優秀ポスター発表賞を受賞しました。

 平成30年12月7日に群馬大学桐生キャンパス同窓記念会館で開催された日本機械学会関東支部群馬ブロック研究交流会・総会・特別講演会での発表が優秀であったことが認められ、群馬大学大学院理工学府知能機械創製理工学教育プログラムの学生3名が優秀ポスター発表賞を受賞しました。詳細は以下の通りです。

「3Dプリンティングとフォトリソグラフィを組み合わせたマイクロ・ミリメートル構造のシームレス作製技術」
○田村隆大(博士前期2年)・鈴木孝明

「熱応力緩和型傾斜機能材料の創製と超高温強度評価」
○立石昂大(博士前期1年)・渡邉祥平・鈴木良祐・舩津賢人・松原雅昭

「溶湯直接圧延を用いたポーラスアルミニウムの作製」
○増渕匠(博士前期1年)・茂木稜典・松原雅昭・鈴木良祐