群馬大学理工学部

電子情報部門の羽賀望助教が、IEEE Antennas and Propagation Society Japan Young Engineer Awardを受賞しました。

 電子情報部門の羽賀望助教が、下記の学術論文が優秀なものと認められたため、IEEE Antennas and Propagation Society Japan Young Engineer Awardを受賞しました。

◆N. Haga and M. Takahashi,“Circuit modeling technique for electrically-very-small devices based on Laurent series expansion of self-/mutual impedances,”IEICE Trans. Commun., vol.E101-B, no.2, pp.555-563, Feb. 2018. DOI: 10.1587/transcom.2017EBP3196

 上記論文は、無線電力伝送システムをはじめとした、電気的超小形アンテナ(結合器)を電気回路としてモデル化するための理論を提案したもので、回路工学とアンテナ工学の橋渡しとなることを目指したものです。本理論はモーメント法という歴史あるアンテナ解析手法を基礎としており、さらに発展・応用させた内容が、下記3本の論文に述べられています。

◆N. Haga and M. Takahashi,“Passive element approximation of equivalent circuits by the impedance expansion method,”IEICE Trans. Commun., vol.E101-B, no.4, pp.1069-1075, Apr. 2018. DOI: 10.1587/transcom.2017EBP3246

◆N. Haga and M. Takahashi,“Analysis of a wireless power transfer system by the impedance expansion method using Fourier basis functions,”IEICE Trans. Commun., vol.E101-B, no.7, pp.1708–1715, July 2018. DOI: 10.1587/transcom.2017EBP3316

◆N. Haga and M. Takahashi,“Circuit modeling of a wireless power transfer system by eigenmode analysis based on the impedance expansion method,”IEEE Trans. Antennas Propag. (in press) DOI: 10.1109/TAP.2018.2883632