群馬大学理工学部

化学・生物化学科 及び 物質・生命理工学教育プログラムに所属する学生が、日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会で、ポスター賞を受賞しました。

 平成30年12月8日に群馬高等専門学校で開催された日本化学会関東支部群馬地区研究交流発表会において、群馬大学理工学部・大学院理工学府の学生がポスター賞を受賞しました。詳細は以下の通りです。

「FeOxおよびリン酸の添加による可視光照射下におけるルチル型酸化チタンの光触媒活性の向上」
〇平井知美・林洋介・岩本伸司

「Tiam1/2と活性酸素制御因子phox複合体との分子間相互作用」
〇田村裕貴, 畑隼弥, 寺脇慎一,箱嶋敏雄, 若松馨

「ベンゼン類縁体の平面性について ~エネルギー要素解析及びヘキサシラベンゼンの平面化戦略~」
〇中村泰司・工藤貴子

「光線力学療法に向けた酸素キャリアとしてのナノドロップの開発」
◯星野 涼・堀内 宏明・奥津 哲夫

「Triton X-100による大腸菌発現Proteorhodopsinの可溶化条件の検討」
〇山本愛理・林史夫・菊川峰志・園山正史

「がん診断用Cu-64の新規分離精製法の開発」
〇山崎直亨・須郷由美・大平慎一・板橋英之・石岡典子・森勝伸

「メシチル(メチル)シラノンタングステン錯体の合成、構造およびPMe3との反応」
〇石田太一、村岡貴子、上野圭司

「金薄膜による有機化合物の結晶化誘起の機構解明」
〇山越美季、横川拓哉、堀内宏明、天野一幸、奥津哲夫

「グラフト型アニオン伝導膜の高分子構造と物性・耐久性の関係」
〇髙松治文、吉村公男、廣木章博、前川康成

「末端に極性基を導入したオリゴシランの分子配列の解析と制御」
〇関澤拓也・久新荘一郎・吉村公男・前川康成
「ジヒドロトリシランを用いたアルキンのヒドロシリル化による種々のアルケニルトリシランの合成」
〇鈴木雄大・菅野研一郎・久新荘一郎

「ラダーオリゴシランおよび関連化合物のポリアニオンの生成」
〇野村 龍之介・久新 荘一郎