群馬大学理工学部

第67回高分子学会年次大会において、環境創生理工学教育プログラム 博士前期課程1年の添野翔太君が、ポスター賞を受賞しました。

 2018年5月23日(水)~25日(金)に名古屋国際会議場で開催された第67回高分子学会年次大会において、環境創生部門黒田研究室所属の添野翔太君がポスター賞を受賞しました。
 添野君の受賞題目は「ポリプロピレンの延伸過程における空孔形成と成長」で、環境創生部門の河井助教、黒田教授、三菱ケミカル(株)との共著となります。これは結晶性高分子の破壊に伴うナノサイズの空孔形成および成長のメカニズムを明らかにした研究であり、今後高い靱性を有するリチウムイオン電池のセパレータ膜や分離膜への応用(貢献)が期待されます。