群馬大学理工学部

物質・生命理工学教育プログラム 博士前期課程1年の香西里咲さんが、日本化学会 第8回CSJ化学フェスタ2018にて優秀ポスター発表賞を受賞しました。

 2018年10月23日~25日にタワーホール船堀で開催された日本化学会主催 第8回CSJ化学フェスタ2018において、修士課程1年(分析化学研究室)の香西里咲さんが優秀ポスター発表賞を受賞した。受賞演題は『毛細血管網を有するマイクロ脂肪組織の構築』で、指導教員である佐藤記一准教授らとの共同研究による成果である。
 本研究は、創薬におけるバイオアッセイに役立てることをめざし、マイクロ流体デバイス内部に毛細血管網を有する脂肪組織を構築することを試みたもので、血管内皮細胞、線維芽細胞、脂肪前駆細胞をマイクロデバイス内で3次元的に共培養する技術開発を行ったことを報告した。