群馬大学理工学部

Innovetive Technologies2018に採択された電子情報部門の奥寛雅准教授の技術が、デジタルコンテンツEXPO2018にて表彰・展示されました。

 2018年8月にInnovative Technologies 2018に採択された、電子情報部門 奥寛雅研究室の「食べられる再帰性反射材」技術が、11月14日~16日に幕張メッセで開催されたデジタルコンテンツEXPO 2018(DCEXPO2018)にて展示を行いました。また15日には表彰式が行われ、Innovative Technologies 2018の採択に対する表彰が行われました。
 DCEXPOの展示ブースでは、この技術を使ってパンケーキにぐんまちゃんの動画を投影し、食べ物にプロジェクションマッピングを映し出す展示を行いました。また反射材の試食も行い、たくさんの方々に「食べられる再帰性反射材」の特徴を見て、触って、味わっていただくことができました。

⇒DCEXPO TVで取材された様子の動画
⇒奥研究室のホームページ
⇒奥研究室のyoutubeチャンネル

表彰式の様子

表彰者の集合写真

展示ブース

たくさんの方が立ち寄ってくれました