群馬大学理工学部

環境創生部門の金井昌信准教授が、日本災害情報学会より廣井賞を受賞しました。

 環境創生部門の金井昌信准教授が日本災害情報学会より2018年廣井賞(学術的功績分野)を受賞し、10月27日に東京大学本郷キャンパスで授賞式が行われました。廣井賞は日本災害情報学会の初代会長である故廣井修氏の志を継ぐ記念事業として、災害情報の分野で功績のあった個人・団体を表彰するものです。金井准教授の「内発的な避難行動の規定因としての防災意識」「ハザードマップの再評価」「防災教育の成果の評価方法」などの実践的な災害情報研究に関する功績が評価され、この度の受賞となりました。

◆金井准教授の研究紹介はこちら⇒研究紹介HPへ

右から2番目が金井准教授