優れたコンテンツ技術の発掘・発信事業「Innovative Technologies 2018」に、電子情報部門 奥寛雅研究室の技術が採択されました。

 電子情報部門 奥寛雅研究室が開発した「食べられる再帰性反射材」技術が、Innovative Technologies 2018に採択されました。Innovative Technologies 2018は、一般財団法人デジタルコンテンツ協会が実施する、優れたコンテンツ技術の発掘・発信事業です。
 今回採択された「食べられる再帰性反射材」技術は、デジタルコンテンツEXPOにおいて展示される予定です。

⇒(一財)デジタルコンテンツ協会による発表(外部リンク)
⇒奥研究室のホームページ
⇒奥研究室のyoutubeチャンネル