群馬大学理工学部

知能機械創製部門の田中勇樹助教が、電子情報通信学会 基礎境界ソサエティ システムと信号処理サブソサイエティから貢献賞を授与されました。

 知能機械創製部門の田中勇樹助教が、電子情報通信学会 基礎境界ソサエティ システムと信号処理サブソサイエティ(金子美博委員長)から貢献賞を授与されました。これは、平成30年5月17日から18日にかけて行われた第31回 回路とシステムワークショップの実行委員会幹事としての貢献に対する表彰です。
 回路とシステムワークショップは、システムと信号処理サブソサエティが主催となり、回路とシステムに関連した研究者や技術者が集い、招待論文や投稿論文、パネル討論を通じて、分野内だけでなく分野間にまたがる境界領域の課題解決と将来の研究分野の探求を目的としています。ワークショップの運営も当該分野の若手研究者が中心となって行われており、田中助教は実行委員としての長年の活動に加え、第31回では幹事として運営に携わったことが評価されました。

授賞式の様子
(左から2番目が田中助教)