群馬大学理工学部

物質・生命理工学教育プログラム博士前期課程1年秦真理奈さんが、RSC Tokyo International Conference 2017でBest Poster Awardを受賞しました。

 2017年9月7日〜9月8日に幕張メッセで開催されたThe Royal Society of Chemistry Tokyo International Conference 2017において、修士課程1年(分析化学研究室)の秦真理奈さんがBest Poster Awardを受賞した。
 受賞演題は”Cell culture in a tubular collagen gel for development of a vascular model”で、指導教員である佐藤記一准教授および角田欣一教授との共同研究による成果である。本研究は、創薬におけるバイオアッセイに役立てることをめざし、マイクロ流体デバイス内部に血管モデルを構築することを試みたもので、コラーゲンを管状にゲル化させてその中でヒト血管由来の細胞を培養する技術開発を行ったことを報告した。