群馬大学理工学部

分子科学部門の上原宏樹教授が高分子学会三菱化学賞を受賞しました。

 分子科学部門の上原教授が平成29年度高分子学会三菱化学賞を受賞し、2017年9月21日に第66回高分子討論会において、授賞式と受賞講演が行われた。
 上原教授はこれまで一貫して高分子材料の高性能化・高機能化に関する研究を行ってきており、これらを達成するために、従来であれば望ましくない構造である「絡み合い」を積極的に利用して、新たな成形加工法である「溶融延伸法」を開発した。高分子材料の高強度化は延伸などによって分子を配向させることで強い共有結合をマクロレベルで顕在化させることで達成される。そのため、高分子鎖の絡み合いはこれまでは分子配向を妨げるために排除するのが常識であった。一方で分子量が100万以上の超高分子量ポリエチレンは、力学的特性が非常に優れているが、融点以上でも溶融粘度が非常に高いために成形加工が困難であった。これに対して上原教授は超高分子量ポリエチレンの絡み合いに着目し、絡み合いを応力伝達点の基点として積極的に利用することで分子鎖を配向結晶化する「溶融延伸法」を開発した。この方法は従来の「絡み合いを排除する高性能化」から「絡み合いを利用する高機能化」へのパラダイムシフトであり、単なる手法の開発ではないところが重要な点である。
 上原教授は高分子科学に基礎を置き、技術・産業に寄与する独創的な優れた業績を多数挙げており、これらの業績に対して高分子学会三菱化学賞が授与された。