群馬大学理工学部

「弱い」計算能力の量子コンピューターでも、古典コンピューターの性能を上回ることを理論的に証明(プレスリリース)

 原子や光などのミクロな世界は、量子力学という物理理論に従っています。量子コンピューターとは、その量子力学に従って動作する全く新しいタイプのコンピューターのことです。量子コンピューターは、私たちが現在使っているコンピューター(古典コンピューターと呼ばれています)をはるかに凌駕する計算性能を持つと信じられており、その実現に大きな期待が寄せられています。
 理工学府電子情報部門の森前智行准教授は、ノイズが非常に多く計算能力が「弱い」量子コンピューターであっても、古典コンピューターの性能を十分に上回ることを理論的に証明しました。これにより、非常に複雑な汎用の量子コンピューターを作らなくても、近い将来に実現できる技術で、量子コンピューターの古典計算機に対する優位性を実演できるようになると期待できます。

◆プレスリリースの詳細はこちらをクリックしてください。